段階的に悪化する精神

ストレス

人が持つ本能的な仕組み

事故などによる機能的な脳の損失以外の精神病は、段階を踏みながら徐々に悪化が高まる傾向にあります。早期の診断を受けなければ、治療が長引く場合もあり、自らの判断と行動に後悔されてしまう場合もあるでしょう。精神病の多くは、環境に対してのストレス反応から始まる場合もよくあります。この時の症状は、睡眠不足が増える傾向が高く、食欲を失ってしまう場合も現れやすくなります。この様な状況の多くは、自ら診断を下し、仕事や勉学の疲れだと判断してしまう場合も現れやすくなります。更に症状が悪化すれば、生理的な本能は、バランスを整える働きによって、逆の作用が現れる可能性が高まります。睡眠が過剰になる、食欲が急激に高まる場合もあるのです。バランスを整える働きは、環境への適応しようとする働きであるため、精神病の自覚が現れない場合もあるでしょう。次の段階は、自分の取り巻く環境が、危険な状態だと錯覚起こし、身を守るために強すぎる防衛本能が働き出します。刺激を避けたい気持ちは高まり、人を遠ざけたい気持ちも強くなるでしょう。最悪な場合は、食物による刺激に対しても拒否反応を起こし、精神病のみならず、体を壊してしまう原因となるのです。そのため、精神病は、早期診断が大切です。精神病は、内科や外科と違い、心の状態が病気を作り出している場合もあります。薬や心理療法によって、心身を回復させてくれますが、あくまでも元の元気な状態を取り戻す取組みです。精神病の診断を受けた場合は、どの様な状態なのかについて自覚も大切でしょう。心に変化がなければ、同じ環境の中で再発してしまう可能性も高いためです。会社内のストレスによって精神病を患わした場合、精神病の診断内容によっては、退職や転職などを勧めるケースもあります。ただし、今までの積み上げてきた実績を失う可能性も高く、体の健康と仕事との間で悩みを抱え込んでしまう場合もあるでしょう。先生方は、命を最も重要な内容だと考えているため、勧める先生方もいます。先生方の多くは、精神病の診断を行ったとしても、新たな価値観や考え方を強制的に変える取り組みは避ける傾向があります。人には、自由精神があり、意識を変えるための強制収容所では無いためです。再発しない自覚は、自身で悟り、判断と決断を自らの意思で考えなければなりません。心に変化を与えるには、映画や小説などを読み、新たな刺激を取り入れるのも良いでしょう。体を鍛える行動は、環境に適応する行為であるため、心身を鍛える内容としてお勧めです。

Copyright© 2018 精神病は早期の診断が重要【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.